経済

GSK、ファイザーが大衆薬統合 英米が世界最大規模、19年後半

 英製薬大手グラクソ・スミスクラインの建物=2009年4月、ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は19日、米大手ファイザーと一般用医薬品(大衆薬)事業を統合すると発表した。2019年後半に統合を完了させる方針。新会社の売上高の規模は約98億ポンド(約1兆4千億円)となり、大衆薬で世界最大規模の企業となる見通し。

 規模拡大による効果と経費削減などによって収益力を向上させる。GSK本体は、経営資源を医療用医薬品やワクチンに集中し、開発力を高めたい考えだ。

 合弁会社を設立し、GSKが68%、ファイザーが32%出資する。統合によって、22年までに年5億ポンドのコストを減らせるという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス