経済

米経常赤字10年ぶり高水準 7~9月、23%増

 【ワシントン共同】米商務省が19日発表した2018年7~9月期の経常収支の赤字額(季節調整済み)は、前期比23・3%増の1248億1700万ドル(約14兆円)だった。赤字額は2008年10~12月期以来、約10年ぶりの高水準。貿易赤字の増加が経常赤字拡大の主因。

 モノの赤字額は11・8%増の2270億1200万ドルだった。サービス収支の黒字はほぼ横ばいの683億5600万ドルで、モノとサービスを合わせた赤字額は17・9%増の1586億5600万ドルになった。

 経常赤字の実質国内総生産(GDP)に占める比率は2・4%で、前期から0・4ポイント上昇した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス