スポーツ

フィギュア、紀平や宇野らが調整 21日から全日本選手権

 公式練習で調整する紀平梨花=東和薬品ラクタブドーム

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)代表選考会を兼ねた全日本選手権は21日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。20日に公式練習が行われ、女子はグランプリ(GP)ファイナルで初出場優勝した16歳の紀平梨花(関大KFSC)や5連覇を目指す宮原知子(関大)、男子は2連覇中の宇野昌磨(トヨタ自動車)や現役復帰した高橋大輔(関大KFSC)らが調整した。

 紀平は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などを着氷し「ミスのない、笑顔で終われるような試合にしたい」。

 宇野は3種類の4回転を決め「いい演技ができるように最善を尽くしたい」。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス