スポーツ

日本プロスポーツ大賞に大谷翔平 「何度でも受賞できるように」

 日本プロスポーツ大賞を受賞したエンゼルス・大谷=20日、東京都内のホテル

 今年のプロスポーツ界で活躍した選手や団体を表彰する「日本プロスポーツ大賞」が20日、発表され、米大リーグのエンゼルスでア・リーグ新人王に輝いた大谷翔平が大賞に選ばれ「キャンプで結果が出ない時もけがの時もあったが、周囲の支えで1年間野球を楽しめた」と喜びを語った。

 大谷はメジャー移籍した1年目の今季も投打の「二刀流」を貫き、投手として4勝、打者としても打率2割8分5厘、22本塁打などの活躍を見せた。10月に右肘を手術して来季は打者に専念するが「2016年にもこの賞を頂いたが、何度でも受賞できるように頑張る」と目標を口にした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス