社会

米軍がパラシュート落とす、静岡 東富士演習場外か

 静岡県の陸上自衛隊東富士演習場上空で19日に物資の投下訓練をしていた米空軍が、演習場近くにパラシュートを落下させたことが20日、防衛省への取材で分かった。米側から20日に防衛省へ連絡があったという。演習場外に落ちた可能性があるが、けが人などの情報はないとしている。

 防衛省によると、19日午後4時ごろ、米空軍横田基地(東京都)に所属するC130輸送機が物資の投下訓練をしていた際、パラシュートだけが落下した。物資は輸送機に残った。

 米側の説明では演習場近くの富士裾野工業団地あたりに落ちたとみられるが、これまでのところ見つかっていない。


(共同通信)