国際

米下院、つなぎ予算可決 壁建設費計上、上院審議へ

 20日、ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した後、記者団に話す共和党のライアン下院議長(右)(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米議会下院は20日、メキシコ国境の壁建設費を盛り込んだつなぎ予算案を可決した。来年2月8日までの支出を手当てする。現行予算の期限となる21日までに成立しない場合は、予算が失効し、政府機関の一部閉鎖に追い込まれることになる。同予算案は上院で審議されるが、採決には野党民主党の議員の賛成も必要で、採決されるかどうかは不透明だ。

 上院は19日に壁建設費を含まないつなぎ予算案を可決。トランプ米大統領は20日、この予算案に署名しない考えを与党共和党のライアン下院議長との会談で伝えた。このため下院では57億ドルの壁建設費を盛り込んだ予算案を採決した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス