国際

アフガン駐留米軍、半減へ 数カ月以内に7千人、米紙報道

 アフガニスタン中部ロガール州でパトロールする米軍の部隊=8月7日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズは20日、トランプ政権が数カ月以内にアフガニスタンから米兵約7千人を削減する方針と報じた。約1万4千人の駐留米軍は半分になる。米紙ウォールストリート・ジャーナルは早ければ来年1月にも帰還を始める可能性があるとしている。

 トランプ大統領は19日、シリアに駐留する米軍の完全撤収を発表したばかり。報道によると、アフガンの米軍を半減する方針も同時に決定したという。2001年の米中枢同時テロを契機に始まった米史上最長のアフガン戦争の節目となる可能性がある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内