社会

卵巣左右間違えて摘出 自治医科大病院

 自治医科大病院(栃木県下野市)は21日、今年上半期に患者の卵巣の腫瘍を取り除く手術で左右を誤り、予定とは逆の卵巣を摘出していたと明らかにした。手術中に誤りに気付いて元に戻し、健康への影響はなかったとしている。女性には謝罪した。

 病院によると、右卵巣腫瘍と診断された女性の手術で、婦人科の医師が誤って左の卵巣と卵管を切除。直後に再建手術をした。女性は9日後に退院し、外来診療を続けている。

 医師は「直前に左の卵巣にも処置をしていたため、思い込みで摘出してしまった」と話しているという。病院は、第三者を含めた事故調査委員会を設置した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス