芸能・文化

将棋の羽生が27年ぶり無冠 竜王戦、広瀬八段に敗れる

 将棋の第31期竜王戦7番勝負で敗れ、27年ぶりに無冠となった羽生善治前竜王=21日夜、山口県下関市

 将棋の羽生善治竜王(48)は21日、第31期竜王戦7番勝負で挑戦者の広瀬章人八段(31)に敗れ、前人未到のタイトル通算100期獲得はならず、1991年以来27年ぶりに無冠となった。

 山口県下関市で20日から指された第7局で広瀬八段が167手で勝ち、対戦成績4勝3敗で初の竜王を奪取した。広瀬八段は2010年の王位に続き2期目のタイトル。

 羽生前竜王は1989年、初タイトルとなる竜王を奪取。翌年、初防衛はならなかったが、91年3月に棋王を奪った。その後は無冠になることなく、いずれかのタイトルを保持し続けていた。


(共同通信)