経済

英銀行、華為にサービス提供せず 取引先として高リスクと判断

 【ロンドン共同】英大手金融機関のHSBCとスタンダード・チャータード銀行が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に新たな銀行サービスを提供しない方針を決めたことが21日分かった。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が報じた。

 ファーウェイを巡っては、カナダ当局が米当局の要請に応じて副会長を拘束。両金融機関は取引先としてリスクが高いと判断した。米大手シティグループも事態を注視しているといい、欧米の金融機関でファーウェイとの取引を見直す動きが広がりつつある。

 報道によると、HSBCは昨年時点で取引方針を見直していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス