経済

救済終了発言のチッソ社長が辞任 「一身上の理由」

 水俣病の原因企業チッソは21日、後藤舜吉社長(84)が一身上の理由により同日付で辞任したと発表した。後藤氏は5月に「水俣病特別措置法の救済は終わっている」と発言し、水俣病の支援団体から早期辞任を求められていた。業績不振で赤字も続いていた。後任の社長には木庭竜一代表取締役(64)が昇格した。

 21日の取締役会で後藤氏から辞任の申し出があった。後藤氏の発言を巡っては、水俣病被害者・支援者連絡会が撤回や早期辞任を求める抗議文を提出。チッソは回答書で発言を撤回した上で後藤氏の進退については「責任を全うするため社長を継続する」としていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス