スポーツ

個人総合W杯で一部決定 20年春、体操男子五輪代表

 日本体操協会は21日の常務理事会で、2020年東京五輪の男子代表選考方法の一部を決めた。20年春に行われる個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズの全4試合で、得点ランキングで3位までに入った日本選手の最上位1人が五輪の団体総合メンバー(全4人)に決まる。残りの3人の選考方法は未定。ただし、日本がチームとして4試合の成績で上位3位までに入る条件がつく。

 19年世界選手権代表5人の選考方法も決めた。男子は同年春のW杯シリーズで得点ランキング3位までに入った最上位1人を決定する。


(共同通信)