スポーツ

大リーグ、ドジャースが主力放出 レッズと7人絡むトレード

 プイグ、ケンプ(いずれもゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、ドジャースは21日、レッズと7人が絡む大型トレードで主力外野手のプイグとケンプ、左投手ウッドら4選手を放出し、通算67勝のベイリーとマイナー2選手を獲得したと発表した。

 キューバ出身のプイグは今季23本塁打を放ち、通算108本塁打の強肩強打の28歳。通算280本塁打のケンプは34歳になった今季も85打点と勝負強さを発揮し、ともにワールドシリーズ出場に貢献した。27歳のウッドは今季の9勝(7敗)を含めて通算52勝。ドジャース入りするベイリーは無安打無得点試合を2度記録した32歳だが、今季は20試合で1勝14敗。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス