くらし

「月の石」が再び北九州市に 市立博物館で展示

 北九州市立いのちのたび博物館で再展示が始まった「月の石」=22日午後

 テーマパーク「スペースワールド」の閉園に伴い、米航空宇宙局(NASA)に返却された「月の石」が再び北九州市へ戻り「市立いのちのたび博物館」(同市八幡東区)で22日、除幕式が開かれた。

 月の石は1969年にアポロ12号が月面着陸した際に持ち帰ったものの一部で、重さは176・4グラム。スペースワールドでは90年の開園時から展示されていた。市は「子どもたちの宇宙への憧れのシンボル」としてNASAと交渉を続け、貸与が実現した。

 月の石は同博物館で22日から一般公開され、入場料は大人500円、高校・大学生300円、小・中学生200円、小学生未満は無料。


(共同通信)