国際

インドネシア津波、222人死亡 地震なし、海底の土砂崩れか

 津波被害を受けたインドネシア・バンテン州の現場=23日(国家災害対策庁提供・共同)

 【タンジュンルスン(ジャワ島西端)共同】インドネシア・ジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡で22日夜、津波が発生し、国家災害対策庁によると少なくとも222人が死亡、28人が行方不明となり、843人が負傷した。地震は発生しておらず、気象当局は火山の噴火による海底の土砂崩れが原因とみている。気象当局によると、火山噴火由来の津波のため、津波警報が作動しなかった。

 国家災害対策庁によると、少なくとも住宅約560棟とホテル9棟が被害を受けた。年末の休暇シーズンで、ビーチで多くの観光客が被災した。現段階で確認できた犠牲者に、日本人など外国人はいないという。


(共同通信)