社会

仙台空港が滑走路一時閉鎖 小型機トラブル、欠航も

 滑走路の一時閉鎖による欠航便の情報を知らせる掲示板=23日夜、仙台空港

 23日午後3時45分ごろ、仙台空港(宮城県)で小型機ビーチクラフト350が着陸時に滑走路を外れた。空港は安全確認のため滑走路を閉鎖、午後6時15分ごろ再開した。けが人はなく、火災も発生していない。仙台空港を離着陸する便に欠航や目的地変更などの影響が出た。

 国土交通省仙台空港事務所によると、小型機は新千歳空港を離陸し、仙台空港に着陸する際、滑走路脇に逸脱した。

 乗員の外国籍の男性(36)にけがはなかった。機体整備のため仙台空港に向かっていたという。

 仙台空港の運営会社によると、トラブルの影響で大阪や中部、福岡などと結ぶ計25便が欠航した。


(共同通信)