国際

インドネシア津波死者280人超 高波の恐れ、警戒続く

 津波被災地で捜索活動をする救助隊=23日、インドネシア・ランプン州(ロイター=共同)

 【セラン(ジャワ島西部)共同】インドネシア・ジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡で起きた津波で、国家災害対策庁は24日、少なくとも281人の死亡を確認したと明らかにした。行方不明者は57人、負傷者は1016人に上った。当局は25日まで同海峡付近で高波の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

 津波について、気象当局はスンダ海峡に浮かぶ火山の噴火による海底への土砂崩れが原因とみている。インドネシア火山地質災害対策局によると、火山は22日に噴火、噴煙の高さは山頂から約300~1500メートルまで達し、火山活動が続いている。6月にも噴火が観測されていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス