スポーツ

サッカー日本代表の堂安らが帰国 1月開幕のアジア杯へ意欲

 帰国し羽田空港で取材に応じるサッカー日本代表の堂安=24日

 サッカー日本代表の堂安律(フローニンゲン)と原口元気(ハノーバー)が24日、来年1月開幕のアジア・カップ(アラブ首長国連邦)に備えた関東近郊での合宿に向け、羽田空港に帰国した。

 堂安はワールドカップ(W杯)ロシア大会での代表落選後、アジア杯で戦うことを目標にしてきたという。20歳ながら日本代表の主力に成長し「チームは優勝を目標にしている。得点やアシストで貢献できると証明したい」と意気込んだ。

 27歳の原口は中島翔哉(ポルティモネンセ)と左MFの定位置を争う。「負けるつもりもない。自分も負けないようにやることで若い選手に何か伝えられる」と語った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス