国際

意図的レーダー照射、改めて否定 韓国「日本に脅威与えず」

 【ソウル共同】韓国国防省副報道官は24日の定例記者会見で、韓国海軍の駆逐艦が日本の海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について「日本側に脅威を感じさせる行動は一切なかった」と述べ、意図的に狙って照射したとの見方を改めて否定した。

 韓国メディアは韓国国防省関係者の話を基に、レーダーは20日、海上で遭難した北朝鮮船を捜索するために使用されたと報道。副報道官は記者会見で、当時の状況を「人道主義的な救助のための作戦活動をしていた」と説明した。

 会見では韓国軍合同参謀本部関係者が、海自のP1哨戒機が駆逐艦の上空に向かって飛行してきたとも指摘した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス