国際

英、子犬や子猫の販売に規制導入 悪質ブリーダー対策

 ロンドンで、サンタクロースの帽子をかぶり車から顔を出す犬=15日(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英政府は23日、英国で生後6カ月未満の子犬や子猫を、飼い主がブリーダーや動物愛護施設以外から手に入れることを禁じると明らかにした。ペットショップは販売ができなくなる。

 動物愛護運動が盛んな英国では、悪質なブリーダーが劣悪な環境で犬などのペットを大量に繁殖させる「子犬工場」の存在が社会問題化しており、規制は対策の一環。悪質なブリーダーの多くはペットショップに子犬を売っているという。

 英西部ウェールズの「子犬工場」から助け出された犬の名前にちなんで通称「ルーシー法」と呼ばれるこうした規制は、英国の動物愛護団体が政府に導入を働き掛けていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス