スポーツ

ジャンプ、高梨沙羅が帰国 今年1年を示す漢字は「蓄」

 W杯遠征から帰国し、取材に応じる高梨沙羅=24日、羽田空港

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅が24日、ワールドカップ遠征先の欧州から羽田空港に帰国した。今季はW杯5戦で2位が最高と、まだ優勝はないが「焦ってもいい結果にはつながらない。焦らず、慌てず、最後まで諦めず、自分と向き合っていきたい」と穏やかな表情で語った。

 2月の平昌冬季五輪で銅メダルを獲得した2018年を漢字一文字で表現するよう求められると「蓄」を選択。挑戦をテーマに試行錯誤を続けており「いろんなことを蓄えられた」と振り返る。

 年明けには日本でW杯が再開される。「攻めすぎなぐらい挑戦していかないと変化はない」と来年への決意を口にした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス