スポーツ

剣道の稽古中に木刀で頭を殴る 北海道の連盟、理事を解任へ

 北海道剣道連盟(道剣連)の男性理事(64)=8段、三笠市=が稽古中、防具を着けていない男性2人の頭を木刀で殴ったとして、道剣連が懲罰委員会を開き、理事職を解任する方針を決めたことが24日、分かった。

 道剣連によると、理事は3日、三笠市の武道館で木刀を使った演技の稽古中、以前から指導していた男性(34)の頭を木刀で1回殴打。男性は指導が暴力的だと反発し帰宅した。理事は稽古後にも別の男性(35)の頭を木刀で数回殴った。この男性は帰宅後に体調が悪くなり、救急車で病院に運ばれたが命に別条はなかった。

 理事は「指導に熱が入ってやってしまった」と説明しているという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス