くらし

東京駅前、年末のライトアップ 皇居に続く行幸通りも色鮮やかに

 東京・丸の内で始まった年末恒例のライトアップ「東京ミチテラス2018」。奥はJR東京駅=24日夜(長時間露光)

 JR東京駅の丸の内側で24日、年末恒例のライトアップ「東京ミチテラス2018」が始まり、駅舎や皇居に続く行幸通りが色鮮やかな光で彩られた。東京都などでつくる実行委員会は、28日までの期間中に72万人の来客を見込む。

 日没後の午後5時、街路樹などに取り付けられた赤、青、黄色などのライトが点灯。駅舎の壁面には、揺らめいたり、彗星のように軌道を描いて動いたりする光の球が投影された。

 厚手の服に身を包んだ人たちからは「きれい」と歓声が上がり、人混みの中からスマートフォンを目いっぱい上げて、駅舎を写そうとする姿もあった。


(共同通信)