政治

日韓、レーダー照射巡り応酬 ソウルで外務省局長会談

 24日、ソウル市内で記者団の取材に応じる外務省の金杉憲治アジア大洋州局長(共同)

 【ソウル共同】外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が24日、ソウルの韓国外務省で金容吉・東北アジア局長と会談した。韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、金杉氏は韓国に遺憾の意を伝え再発防止を求めたと明らかにした。韓国外務省当局者は、韓国も日本の対応に不満を伝えたと表明、双方の応酬となった。

 一方、韓国で元徴用工らが新日鉄住金を相手にした損害賠償請求訴訟で、原告代理人団は24日、同社に賠償などに関する協議を申し入れていたが、回答の期限とした同日午後5時までに同社が回答をしなかったと明らかにした。


(共同通信)