国際

アフガン首都、銃撃戦43人死亡 政府施設襲撃で

 24日、アフガニスタン・カブールで起きた銃撃戦の現場から逃げる人々(AP=共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタン首都カブールで24日午後、武装集団が政府施設を襲撃した。保健省によると、職員や警察官ら少なくとも43人が死亡、10人が負傷。銃撃戦は7時間程度続いた。犯行声明は確認されていない。

 襲撃されたのは公共事業省などが入る施設で午後3時ごろ、敷地入り口に爆発物を積んだ車が突っ込んで自爆。直後に銃や爆弾を持った他の武装集団が建物内に侵入し、その場に居合わせた人たちを無差別に攻撃した。駆け付けた治安部隊と銃撃戦となり、武装集団は全員死亡したとみられるが、人数や詳細は不明。350人以上の職員が治安部隊に救助された。


(共同通信)