国際

日本政府、海自艦の派遣検討 中国海軍、4月に観艦式

 2011年12月、中国海軍の兵士が整列して迎える中、入港する海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」=中国山東省の青島港(共同)

 中国海軍が創設70周年に当たる来年4月23日、山東省青島沖で国際観艦式の開催を計画し、日本政府が海上自衛隊艦艇の派遣を検討していることが分かった。今年10月の日中首脳会談で申し合わせた海自と中国海軍の艦艇相互訪問の一環で、防衛交流を促進させ、信頼醸成に取り組む構えだ。日中関係筋が25日、明らかにした。海自艦艇の訪中が実現すれば2011年12月以来となる。

 日本は来年6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせ習近平国家主席を招きたい考えで、友好ムード演出につなげる。沖縄県・尖閣諸島を巡る対立が続く中、偶発的な衝突を防ぐ狙いもある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス