経済

農業産出18年ぶりの水準回復 17年総額、コメ価格上昇で

 農林水産省が25日発表した2017年の農業総産出額は、前年比0・8%増の9兆2742億円だった。増加は3年連続で、コメや豚の価格が上昇したことが主な要因。1999年の9兆3638億円以来、18年ぶりの水準に回復した。

 18年はコメ価格が小幅な上昇にとどまっており、総産出額の増加が続くかが焦点となりそうだ。

 総産出額の内訳では、コメが4・9%増の1兆7357億円、豚も6・1%増の6494億円と伸びた。野菜は価格の下落が響き4・1%減の2兆4508億円、肉用牛も1・1%減の7312億円だった。

 都道府県別の産出額は、北海道がトップで1兆2762億円。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス