経済

三菱UFJ社長に三毛氏 頭取兼務、一体経営加速

 三毛兼承氏

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、平野信行社長(67)が来年4月に会長となり、後任に三菱UFJ銀行の三毛兼承頭取(62)を充てる人事を固めたことが25日、分かった。三毛氏はMUFG社長と銀行頭取を兼務する。持ち株会社と中核銀行のトップを兼ねることで、意思決定を迅速にし、グループ一体経営を加速させる。

 2018年度を初年度とする中期経営計画が一定の軌道に乗ったと判断し、トップ刷新に踏み切る。銀行業界は、人口減少や異業種からの参入など変化の激しい競争環境に置かれている。三毛氏の豊富な国際経験をグループ経営に生かし、経営強化を図る。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス