経済

日本、1人当たりGDP20位に 2017年、円安で低下

 内閣府は25日、日本の1人当たりの名目国内総生産(GDP)が2017年はドル換算で3万8348ドルとなり、経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国中20位だったと発表した。為替相場が円安に振れたことが影響し、16年の18位から二つ順位を下げた。

 17年は円ベースで前年比1・9%増の430万1千円だったが、円安によりドル換算額は1・1%減に縮小した。為替相場の年平均は16年が1ドル=108円84銭、17年は112円16銭だった。

 1人当たり名目GDPの上位3カ国は16年と変わらず、ルクセンブルクが首位で、スイス、ノルウェーが続いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス