政治

大阪都構想の住民投票巡り対立 公明、参院選同日は否定

 記者の質問に答える松井一郎大阪府知事。左は吉村洋文大阪市長=25日午後、大阪市

 公明党大阪府本部代表の佐藤茂樹衆院議員は25日、「大阪都構想」の住民投票を来夏の参院選に合わせて実施することを「考えていない」と述べ、否定した。一方、松井一郎知事と吉村洋文大阪市長は、公明党と大阪維新の会の議員同士が、来春までの府議、市議の任期中に住民投票を実施することを約束した文書があり、26日に公開すると明言、対立が深まった。

 佐藤氏は大阪市の公明党府本部で記者団の取材に応じ、松井氏らが主張する住民投票時期に関する約束に絡み「知事、市長の(それぞれ来年11月と12月までの)任期内に住民投票をすることも視野に入れて協議してきた」と強調した。


(共同通信)