くらし

JR、福招くラッピング列車登場 宮崎、鹿児島結ぶ吉都線

 宮崎、鹿児島両県を結ぶJR吉都線のラッピング列車と、デザインを担当した宮崎県立小林高の美術部員=25日午後、JR都城駅

 JR九州は25日、宮崎、鹿児島両県を結ぶ吉都線で、縁起が良く福を招くとのメッセージを込めたネスレ日本(神戸市)のチョコレート菓子「キットカット」のラッピング列車の運行を始めた。来年3月末にかけて、主に都城(宮崎県)―吉松(鹿児島県)間を走る。

 路線の呼び方が商品名の一部と同じなのが「縁」となった。キットカットの響きは「きっと勝つ」に似ており、験を担いだ列車を運行することで、利用者数が低迷している吉都線への観光客の呼び込みも狙う。

 デザインは沿線高校の美術部が考え、縁起の良い梅やだるま、招き猫などを車体にあしらった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス