経済

日銀、海外の景況感鈍化に留意 10月会合の議事要旨

 日銀が26日公開した10月30、31日の金融政策決定会合の議事要旨で、海外経済の不確実性の高まりに対する警戒感が日銀内で高まっていたことが分かった。何人かの委員が「景況感の改善ペースが鈍化していることには留意が必要」と述べ、このうち1人の委員は「貿易摩擦や米国の金利上昇を背景に、海外経済は踊り場の状態になりつつある」との見方を示した。

 米中貿易摩擦については、複数の委員から、貿易活動への直接的な影響だけでなく「国際金融市場の動揺や企業心理の悪化という間接的な経路を通じた影響が生じる可能性にも注意が必要だ」との指摘があった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス