スポーツ

長友佑都、アジア杯「優勝を」 鈴木長官と会談

 スポーツ庁の鈴木長官と会談するサッカー日本代表の長友佑都(右)=26日、スポーツ庁

 サッカー日本代表の長友佑都(ガラタサライ)が26日、東京都内のスポーツ庁で鈴木大地長官と会談し、来年1月開幕のアジア・カップへ向け「肺気胸から、今年中の復帰は厳しいんじゃないかとドクターに言われていたが、復帰できた。アジア杯は何としても優勝したい」と力強く話した。

 長友は10月の試合中にボールが当たった衝撃で肺気胸になり、11月に実戦復帰した。この日は、製薬会社の従業員に運動習慣を定着させる役職に就任することが発表され「死んでいたかもしれないとドクターに言われるくらいの経験をした。健康でないと何もできない。健康の重要性を伝えていきたい」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス