経済

首相が6年連続賃上げ要請 来春闘、消費増税控え経済界に

 経団連が開いた審議員会に出席し、中西宏明会長(左)と握手する安倍首相=26日午後、東京都千代田区

 安倍晋三首相は26日、経団連が東京都内で開いた審議員会であいさつし、2019年10月の消費税増税に伴う景気失速を阻止するため、経済界に賃金引き上げを要請した。19年春闘に向けて、安倍首相が経団連に対して賃上げを正式に要請するのは初めて。経済界の交渉方針が決まる前に協力を働き掛けるのは6年連続となる。

 政府が相場観を主導する「官製春闘」に否定的な経団連も、賃上げの重要性では歩調を合わせている。ただ最近の株安や米中貿易摩擦など海外発の不安材料が山積し、労使交渉の行方には不透明感が増している。

 首相は悲願のデフレ脱却に向け、賃上げ要請を重ねた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス