経済

57%が職場でネット通販、米国 旅行先の下調べも

 【ニューヨーク共同】勤務時間中に57%の人がこっそりインターネット通販を楽しんでいる―。企業が米国で実施した調査で、こんな結果が出た。「実は私も…」と身に覚えがある人に、この企業は「あなただけじゃない」とメッセージを送っている。

 ネット通販に使う1週間当たりの時間は「30分以下」が46%で最も多く、「30分から1時間」が19%、「1時間から2時間」が17%と続いた。

 調査では「仕事中にインターネットで次の旅行先を決めるための下調べをしている」と答えた人も全体の55%に上った。

 調査は6月、オーストラリアの「ファインダー・コム」が、米国の成人対象に実施。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス