国際

中国、文革の過ち希薄化の動き 毛沢東生誕で記念行事

 毛沢東の像を背景に記念撮影をする女性ら=26日、中国・韶山(共同)

 【韶山共同】中国の毛沢東生誕から125年となった26日、故郷の湖南省韶山市で記念行事が行われた。中国では格差拡大への不満から「貧しくとも平等」だった毛時代を評価する人が増加。習近平国家主席が毛を目指すかのように権力集中を進める中、毛が発動し、社会が大混乱に陥った大規模政治運動「文化大革命」の過ちを希薄化する動きが強まっている。

 毛の生家近くの広場では26日早朝、毛を支持する左派(保守派)や観光客ら約千人が集まり、毛を礼賛する革命歌「東方紅」を合唱して功績をたたえた。

 文革は1966年、毛が権力闘争のために大衆を動員して発動、死者は1千万人以上ともされる。


(共同通信)