スポーツ

つば九郎、沢田研二さん流で更改 ヤクルトのマスコット

 契約更改交渉を終え、壁際で寝返りを打つヤクルトのマスコット「つば九郎」=26日、東京都港区の球団事務所

 ヤクルトのマスコット「つば九郎」が26日、毎年恒例の契約更改交渉に臨み、自身の25周年にちなみ、3千円増の年俸2万5千円でサインした。ヤクルト製品の飲み放題も付いた。

 当初は交渉を公開する予定だったが、報道陣の少なさを理由に非公開とし、会議室の壁際で寝返りを打って、報道陣に対応。山田哲が大幅増の4億3千万円で契約を更改したことを引き合いに「やまだくんごえをうったえましたが そく きゃっかでした。 かってにしやがれ」と捨てゼリフを吐いた。10月に集客の少なさへの不満からコンサートが開催直前に中止となった歌手沢田研二さんがテーマだったようだ。(金額は推定)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス