スポーツ

バスケ桜花学園と開志国際敗れる 全国高校選手権第4日

 桜花学園―昭和学院 第4クオーター、シュートを放つ昭和学院・三田=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バスケットボールの全国高校選手権第4日は26日、東京・調布市で行われ、女子準々決勝で全国高校総体優勝の桜花学園(愛知)が昭和学院(千葉)に73―75で敗れ、4強入りを逃した。高校総体2位の岐阜女は京都精華学園を73―61で下した。

 津幡(石川)は高知中央に64―61で競り勝ち、大阪薫英女学院は前回4強の八雲学園(東京)を88―70で退けた。

 男子は、高校総体覇者の開志国際(新潟)が桜丘(愛知)に75―89で敗れた。前回優勝の明成(宮城)は前橋育英(群馬)を77―52で下し、中部大第一(愛知)は能代工(秋田)に90―43で圧勝してベスト8入りした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス