政治

菅氏、玉城沖縄知事と会談 辺野古対立も振興尽力と伝達

 菅官房長官と会談後、取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事(左端)=26日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は26日、沖縄県の玉城デニー知事と首相官邸で会談した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県と対立していても、沖縄振興に尽力する意向を伝えた。「協力できるところはしっかりやる」と述べた。移設問題は話題に上らなかった。会談後、玉城氏が記者団に明らかにした。

 玉城氏は2019年度予算案への沖縄振興費計上に関し、菅氏に謝意を伝達。18年度当初と同じ3010億円となった点について、記者団に「もう少し膨らみを持たせた計画としていたが、やむを得ない」と語った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス