スポーツ

サッカー、アジア杯へ合宿開始 日本代表2大会ぶり優勝狙う

 アジア・カップに向けた練習で、ランニングする日本イレブン=千葉県内

 サッカー日本代表は26日、2大会ぶりの優勝を狙うアジア・カップ(来年1月5日~2月1日・アラブ首長国連邦)に向けて千葉県内で合宿を開始し、青山(広島)ら国内組と南野(ザルツブルク)の11選手がリラックスした雰囲気の中で約1時間、パス回しなどで体を動かした。

 就任後初の公式大会に臨む森保監督は「大会を通して成長しながら7戦目(の決勝)までいく」と意気込みを示した。

 槙野(浦和)は27日に、欧州クラブ所属の他の選手は順次合流する。チームは1月2日に出発し、1次リーグF組で9日にトルクメニスタン、13日にオマーン、17日にウズベキスタンと対戦する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス