政治

日本、チュニジアと投資協定へ テロ対策協力、外相会談

 会談に先立ち、握手する河野外相(左)とチュニジアのジナウイ外相=26日、チュニス

 【チュニス共同】河野太郎外相は26日、訪問先のチュニジアの首都チュニスでジナウイ外相と会談し、両国間の投資協定と租税条約の締結に向けて早期に交渉を開始することで合意した。日本人も犠牲となったイスラム過激派による2015年の襲撃事件を踏まえ、テロ対策の推進でも協力を確認した。

 ビジネス環境の整備を図り、チュニジアへの日本企業進出を後押しする狙いがある。河野氏は共同記者発表で「日本企業はチュニジアの地理的優位性や潜在力に着目している」と述べた。

 河野氏は25日に襲撃事件の現場となった国立バルドー博物館を訪れ、慰霊碑に献花した。


(共同通信)