兵庫、未成年や妊婦いれば禁煙へ マイカー罰則は見送り、改正案

 兵庫県は、未成年者や妊婦が近くにいる場合に禁煙を義務付けることを柱とした受動喫煙防止条例の改正案をまとめた。27日からパブリックコメント(意見公募)を実施し、来年2月の県議会に提出する。焦点だったマイカーなど私的空間での違反に罰則を設けることについては「プライバシー空間なので適切ではない」として見送った。

 改正案では、屋内外問わず未成年者や妊婦が近くにいればたばこを吸うことを禁止。学校や病院とその周辺、通学路などは、いかなる場合も喫煙できないとした。いずれも罰則はない。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス