くらし

大阪・通天閣、干支の引き継ぎ式 来年も「亥い年」に

 大阪市の通天閣で開かれた恒例の干支の引き継ぎ式=27日

 来年も「亥い年」になりますように―。大阪市浪速区の通天閣で27日、干支が戌から亥に代わる新年を前に、恒例の干支の引き継ぎ式が開かれた。新年の幸福と繁栄を願い、1956年から続く縁起行事。

 白鳥どうぶつ園(香川県東かがわ市)で今年生まれた雄のイノシシ「あきと」と、人懐っこさが売りの雌の柴犬「はな」が地下の「通天閣わくわくランド」で対面し、それぞれの口上を動物と世相をかけた駄じゃれで披露。

 通天閣観光の西上雅章社長(68)と、人工知能(AI)を搭載した日立製作所のコミュニケーションロボット「EMIEW(エミュー)3」が代読する。


(共同通信)