社会

スルガ銀前会長ら5人を賠償提訴 創業家企業への融資で追加

 記者会見するスルガ銀行の有国三知男社長=27日午後、静岡県沼津市

 スルガ銀行は27日、創業家のファミリー企業への不適切融資を巡り、創業家出身の岡野光喜前会長ら5人に連帯して総額約32億円の損害賠償を支払うよう求める訴訟を静岡地裁に起こしたと発表した。シェアハウス投資を巡る不正融資問題で、総額35億円の損害賠償を求めて提訴したのに続き、信用失墜や財務悪化を招いた旧経営陣の責任を追及する。

 外部弁護士らでつくる調査委員会が「ファミリー企業への資金繰りを目的としていた」などと法的責任を認定した。連帯請求の上限は、岡野氏の実弟で副社長を務めた故喜之助氏の責任が最も重く30億円。次いで岡野氏を13億円とした。


(共同通信)