スポーツ

日本代表に柴崎と槙野が合流 アジア杯への国内合宿

 ランニングする柴崎(右端)、槙野(右から3人目)ら日本イレブン=千葉県内

 サッカー日本代表は27日、千葉県内でアジア・カップ(来年1月5日~2月1日・アラブ首長国連邦)に向けた国内合宿2日目の練習を行い、柴崎(ヘタフェ)と槙野(浦和)が合流して約1時間半、汗を流した。メニューの大半は攻撃の組み立てを意識したパス回しで、パスの強弱や精度、受け手の動き方を念入りに確認した。

 30日に大学生との練習試合を実施して国内合宿を打ち上げ、1月2日に日本を出発。同9日にトルクメニスタンとの1次リーグF組初戦に臨む。


(共同通信)