政治

日本とトルコ、防災で包括協力 覚書署名、地震セミナーも

 27日、アンカラで開かれた日トルコ防災セミナーの会場で、企業の展示ブースを見学するチャタクル内務副大臣(手前右)と、阿達雅志政務官(中央)ら(共同)

 【アンカラ共同】ともに地震国の日本とトルコの両政府が27日、包括的な防災協力に関する覚書に、トルコの首都アンカラで署名した。両国の民間企業も参加し、地震防災を主なテーマにしたセミナーも開いた。

 トルコは11年の東日本大震災で宮城県に救助隊を派遣。日本も99年のトルコ北西部大地震などで支援活動を行い、両国は災害協力を進めてきた。今回の覚書には、災害リスクを軽減するためのさらなる協力強化や、防災分野での民間企業支援などを盛り込んだ。両国の定期的な防災対話も続けていく。

 トルコのチャタクル内務副大臣は、日本の支援を「トルコの国民は忘れていない」とあいさつした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス