国際

欠けたキスチョコ話題に 米メディア「ミステリー」

 先端が欠けたキスチョコと通常の商品を並べ、問題の沈静化を図るハーシーの投稿画像(同社のツイッターより・共同)

 【ニューヨーク共同】米老舗チョコレート会社ハーシーが販売した「キスチョコ」の一部が欠けた商品が米国で相次いで見つかり、話題になっている。原因は不明で、米メディアは「ミステリー」として、愛好家の困惑ぶりを伝えている。

 キスチョコは1907年に発売された看板商品。丸みを帯びた円すい形で、ハーシーのロゴマークにも採用。日本でも販売されている。

 問題が広がったのは、米ペンシルベニア州の女性がフェイスブックに先端が欠けたキスチョコをのせたクッキーの写真を投稿したのがきっかけ。

 ハーシーはメディアの取材に外見の改善に取り組んでいると説明しているが原因を示していない。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス