経済

1月19日にTPP閣僚会合開催 新規加盟国の手続きなど議論

 茂木敏充経済再生担当相は28日の閣議後会見で、環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国の閣僚級会合を来年1月19日に東京都内で開催すると発表した。新規加盟国の手続きなどについて議論する予定。茂木氏は「世界に向けて自由貿易体制の重要性について強いメッセージを発信したい」と述べた。

 TPPは11カ国のうち国内手続きを終えた日本やオーストラリアなど6カ国で今年12月30日に発効する。残る5カ国も手続きを進めており、ベトナムが来年1月14日に発効に加わる。新規加盟はタイや英国などが候補に挙がっている。

 TPP発効後、初の閣僚級会合となる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内