社会

中高文化部を週休2日に、文化庁 生徒負担軽減へ指針を教委に通知

 文化庁

 文化庁は28日までに、中学校や高校の文化部活動の指針をまとめ、全国の教育委員会へ通知した。長時間の練習や、週末に開催されるコンクールへの参加に伴う生徒や教員の負担軽減のため、週2日以上の休養日を設けることや、1日の活動時間を平日2時間、休日3時間程度とするよう求めている。

 3月にスポーツ庁が策定した運動部向けの指針とおおむね同じ内容。対象は国公私立の中学・高校で、小学校についても、児童の発達段階を考慮した休養日や活動時間の設定が必要だとした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス