社会

年越しの渋谷、厳重警備へ 平成最後、立ち入り制限も

 平成30年を迎える年越しで、多くの人が集まった東京・渋谷駅前のスクランブル交差点=2018年1月1日

 平成最後の年越しとなる31日夜、東京・渋谷駅周辺は例年より多くの人出が予想されている。10月末のハロウィーン直前には、軽トラックが横転させられる事件が起き、痴漢や盗撮などの被害も相次いだ。警備に当たる警視庁は数百人の機動隊員らを動員し、危険な状態になれば周辺への立ち入りを制限するなど厳重な態勢で臨む。

 渋谷では、大規模なカウントダウンイベントが予定されている。スクランブル交差点を含む一帯は午後9時から5時間、交通が規制され、歩行者に開放される。主催者によれば、昨年は約10万人が集まったとし、駅周辺は身動きできないほどに混雑した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス